高品質の証明

高品位住宅は、『お客様に真に喜んで頂ける家づくり』を理念の下、木造住宅のあるべき姿を見直し、住宅づくりの新しい基準の一つとして設定し推奨しております。
また、この『高品位住宅』の基準は、平成18年4月1日(平成20年11月28日更新認定)に財団法人日本住宅・木材技術センターが認定事業の一つとして行っている、木造住宅供給支援システムに『フォーセンスシステム(認定番号:支援S06-1)』として認定を受けております。
この認定に対し、大学教授を中心とした認定評価委員の先生方からは、『高品位住宅』の基準の一つである性能確保の部分にて、特に柱・耐力壁の直下率60%以上の基準やグリット構成からの間取り作成の対応などに非常に高い評価を得ております。
お客様に真に喜んで頂ける家づくりの為に『家づくりの必須15項目』をクリアし低廉で品質・性能の高い『高品位住宅』の普及・促進を目指したいと願っております。

高品位住宅基準の15項目

01.設計基準
■柱の直下率60%以上
■耐力壁線の直下率60%以上
02.地盤調査の実施
03.機械式プレカット部材の使用
■含水率20%以下
04.床束
■鋼製束又はプラ束
05.剛床施工 06.外壁通気工法
07.ヘッダー配管 08.木造『耐久性』住宅
■住宅金融支援機構:基準適合住宅
09.高耐震『兵庫県基準』
■旧住宅金融公庫基準
10.木造『省エネルギー』住宅
■住宅金融支援機構:基準適合住宅
11.火災報知機の設置 12.シックハウス対策
■F☆☆☆☆
■24時間換気システム
13.木造『バリアフリー』住宅
■住宅金融支援機構:基準適合住宅
14.住宅瑕疵10年保証
■住宅瑕疵担保責任保険法人が実施する瑕疵10年保証
15.各工程による検査の実施
■工程内検査、社内検査、顧客検査の実施
   
資料請求・お問い合わせ