ゼロ・エネルギーの家ZEH

ゼロ・エネルギーの家

エネルギーを消費するだけの暮らしから無駄を省き、得をする暮らしへ。

国の省エネルギー施策では、2020年にはすべての新築住宅を対象に、省エネ基準適合住宅に義務化することで決定しています。
また、同じく2020年までにZEH(ゼッチ)(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)を標準的な住宅にすることを目標として掲げています。
この流れは日本に限ったことではなく世界の基準となってきています。「住宅を取得するならゼロエネルギー住宅」があたり前になる時代がすぐそこまで来ています。

年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下

ゼロエネ住宅の大きな魅力は光熱費ゼロの暮らし。住まい方などによっては光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。ゼロエネ住宅は自然の恵みを活かしてエネルギーを節約します。太陽の光や風の取り入れ方をコントロールし、豊かな四季を感じながら夏は涼しく、冬は暖かい、健康で心地よい住まいを目指します。
また、お手入れのしやすさや、節水・節電に効果を発揮する設備機器の採用、さらに、家事のしやすさを考えた動線計画によってスマートで快適な住宅を実現します。

年間で消費する住宅のエネルギー量が正味で概ねゼロ以下

経済産業省資源エネルギー庁「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に関する情報公開について」より
http://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/zeh/

ZEHを実現する3つのポイント

まずは、断熱性と気密性を高めることでエネルギーのロスを抑え冷暖房コストを削減。
さらに高効率設備による省エネ、太陽光発電などによる創エネでエネルギーの無駄を省きながら、環境や家計にもやさしい、快適に暮せる住宅を指します。

断熱
家全体の断熱性を高める
建物の断熱性・気密性を高めることで、外気の影響を受けにくい快適な室内がつくれます。

熱が伝わりにくい樹脂フレームとアルゴンガス封入したLow-E複層ガラスを組み合わせた「高断熱窓」を採用し、外壁をダブル断熱とすることでエネルギーロスを抑え、光熱費の削減に貢献します。
省エネ
エネルギーの「見える化」
高効率のエアコンや給湯器、長寿命、低消費電力のLED照明など、電力の消費を抑える省エネ性の高い設備を採用し、これらの機器をコントロールするHEMS(ヘムス)を活用することで、エネルギーの無駄を省きながら、発電状況や商品電力もまとめて確認できます。
創エネ
エネルギーを自給自足
太陽光発電をはじめとする再生可能エネルギーシステムを搭載し、暮らしに必要なエネルギーを創り、消費エネルギーで補うことでエネルギー収支を実績ゼロも可能にします。

また、余剰電力は電力会社に売電することもできます。
※電力会社との別途契約が必要です。

ZEH普及目標

新しく家を建てるときにZEHを導入しやすいよう、国は補助金を出し、普及を促進しています。

ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業目標
    平成28年度 平成29年度 平成30年度 平成31年度 平成32年度
目標 実績 目標 実績 目標 実績 目標 実績 目標 実績
ZEH受託率 注文 10% 0% 10%   30%   35%   50%  
建売 0% 0% 0%   0%   0%   10%  
既築 0% 0% 0%   0%   0%   10%  
合計 10% 0% 10%   30%   35%   70%  
Nearly ZEH受託率 注文 0% 0% 0%   0%   0%   0%  
建売 0% 0% 0%   0%   0%   0%  
既築 0% 0% 0%   0%   0%   0%  
合計 0% 0% 0%   0%   0%   0%  
ZEH シリーズ受託率の合計
(ZEH受託率+
Nearly ZEH 受託率)
注文 10% 0% 10%   30%   35%   50%  
建売 0% 0% 0%   0%   0%   10%  
既築 0% 0% 0%   0%   0%   10%  
合計 10% 0% 10%   30%   35%   70%  
その他の住宅受託率 注文 90% 90% 90%   70%   65%   30%  
建売 0% 0% 0%   0%   0%   0%  
既築 0% 10% 0%   0%   0%   0%  
合計 90% 100% 90%   70%   65%   30%  
合計 注文 100% 90% 100%   100%   100%   80%  
建売 0% 0% 0%   0%   0%   10%  
既築 0% 10% 0%   0%   0%   10%  

具体的なZEH普及策(ZEH低コスト化への取り組み等)

ZEHの周知・普及に向けた具体策
  • ZEH仕様基準プランを作成して、既存仕様との比較表をつくり、周知に努めます。
  • チラシ・HPなどのメディアを活用し、宣伝であったり建てて頂いたお客様の実際のデータを特設コーナー等で掲載し、周知に努めます。
  • お客様の購買意欲の一つのきっかけになるように定期的にZEH関連商品のキャンペーンを打ち出し、普及に努めます。
ZEHのコストダウンに向けた具体策
  • ZEHの周知と普及に努めると共にZEH基準プランを作成し、原価の徹底見直しを図ります。
  • 関連業者との折衝計画内の毎年の受託率目標を目安にスケールメリットを計り、関連企業と連携し単価契約などでコストダウンをしていきます。
  • 家の性能を上げるだけではなく、地域の特性、方角間口等を考慮し、パッシブ設計・コンパクトデザインを導入することにより一次消費エネルギーの消費を抑える設計に努めます。
  • コスト=イニシャルコストではなく、コスト=イニシャルコスト+ランニングコストであることを伝え、コストの意識を変える行動をしてきます。
その他の取り組み
  • ZEHビルダーの登録を踏まえ、元々打ち出していました耐震性能や質の高い材料を使用した建物に加え、燃費の高い家も打ち出していきます。
  • いい家とは強くて良質でランニングコストがかからない家なんだということを訴求していきます。
  • 更にお求めやすい値段で提供していくには、長い目で見て建てて頂いたお客様の声や評判、現場での丁寧な仕事や対応、営業の足と交渉、全てが好循環して初めて安くていい家が出来上がると考えています。
  • 今後弊社としては、みんなで作るいいお家をテーマに、さらにお客様に喜んでもらうとともに、ZEHの普及に努めていければと考えています。
資料請求・お問い合わせ